頚椎後縦靭帯骨化症の悩み

福岡市 中央区 田島

59歳 男性

頚椎の後縦靭帯骨化症で手術されるも頚椎周辺の違和感、左手の痺れがあり来院される。

頚椎周辺は鉄のように硬くなっていました。首を左右に回転してもらうと通常の1/3の可動しかなく、動きはぎこちなかったです。
骨化する原因は、医学的には不明とされており難病に指定されています。お辞儀をする文化のある地域に多く、その関係も研究されています。
ある部分に不自然な力がかかり、脳がその力から守るために骨化させると推測されます。
後縦靭帯、前縦靭帯が骨化する人は、頚椎骨のズレ、頚椎椎間板のつぶれ、頚椎の生理湾曲の崩れがあるはずです。痛くないように調整してやる事が大事です。100の違和感を20~40にすることは、十分可能と思われます。

実際、骨化で手術宣告されても手術せず、施術で頚椎の不具合を正して、痛みなく普通に生活している人はいます。
今以上に骨化させない意味でも頚椎、胸椎、腰椎の椎体を正しい状態にすることが大切です。

今回、来院された患者さんも100の違和感が30くらいになり、継続して来院されることになりました。



福岡県・福岡市・中央区・城南区・博多区・早良区・東区・南区・西区・六本松・整体・輝国・草香江・鳥飼・別府・茶山・七隈・赤坂・大濠・桜坂・薬院・平尾・谷・原・田島・浄水通・天神・荒戸・笹丘・小笹・舞鶴・平尾浄水町・頭痛・首痛・偏頭痛・首こり・肩こり・背中のこり・腰痛・慢性腰痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰・オスグッド・椎間板ヘルニア・膝痛・整体。