慢性の坐骨神経痛

38歳 女性

福岡市城南区田島

 

車の運転中にお尻の左側から太ももの裏面にかけて痛くなるそうです。

 

また、午後から夕方になり疲れが溜まってくると痛みが出てくるそうです。

 

2年前にぎっくり腰になって以来、腰まわりの調子が良くないようです。

 

ぎっくり腰から坐骨神経痛に移行するパターンは多いです。

 

ぎっくり腰は、歩くことも痛みでたいへんです。

 

なので腰の痛みを逃がすために、とても変な歩き方になってしまいます。

 

するとお尻がその負担を受けて固くなります。

 

とくにお尻の梨状筋という筋肉がカチカチになるケースがほとんどです。

 

梨状筋の真下に坐骨神経が通っているので、カチカチになった梨状筋は坐骨神経を圧迫してしまうのです。

 

その結果、坐骨神経痛が発症します。

 

この患者さんもお尻の梨状筋が坐骨神経を圧迫しているケースでした。

 

ソフトな骨盤の調整、頭蓋骨の調整などの整体施術を行いました。

 

整体施術後は「血が通るようになった感じがします」とおっしゃいました(^^)

 

たしかにお尻から太ももの裏面の痛みは血流障害が大きな原因の1つで、坐骨神経痛はいかに血流を回復させるかがカギです。

 

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアでお困りの方はご相談ください!

 

 

 

 

福岡市中央区・福岡市城南区・早良区・博多区・南区・西区・東区・梅林・野芥・草香江・田島・友丘・輝国・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・梅光園・地行・今川・薬院・友泉亭・神松寺・金山・松山・六本松の頭痛・慢性首痛・首こり・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・オスグッド病・不定愁訴・慢性坐骨神経痛・全身疲労・体調不良・自律神経失調症・首痛、偏頭痛、ヘルニア