坐骨神経痛・足がしびれる

福岡市南区平和

 

我慢強い人、痛みに強い人は坐骨神経痛などが悪化しやすい傾向があります。

 

「痛いけど、まだ大丈夫」「痺れるけど、まだ大丈夫」と思っているうちに悪化していくケースが多いです。

 

初めは違和感やつっぱり感から始まり、徐々に悪化していくのが坐骨神経痛の怖いところです。

 

坐骨神経痛や腰痛は悪化すればする程、慢性化してしまい改善にも時間がかかります。

 

この患者さんも太ももの付け根に違和感がある程度だったそうですが、違和感が痺れになり、太ももの付け根だったのが、ふくら
はぎ・足の裏まで痺れが来ています。

 

血流障害で足の筋肉だけでなく皮膚も硬くなっています。

 

皮膚に遊びがなく、パツパツした状態です。

 

坐骨神経痛が改善してくると、皮膚の遊びも出てきます。

 

坐骨神経痛・腰痛・痺れは、整体で改善することができます。
坐骨神経痛・腰痛・痺れでお困りの方はご相談ください!

 

 

 

 

中央区・城南区・早良区・南区・東区・西区・博多区・加茂・重留・昭代・多賀・高宮・高木・堤・松山・吉塚・那珂・竹下・長尾・市崎・警固・大濠・鳥飼・平尾・白金・梅林・飯倉・城西・赤坂・大手門・舞鶴・梅光園・地行・今川・薬院・友泉亭・神松寺・金山・松山・六本松・茶山・飯倉・荒江・原・谷・黒門・唐人町・頭痛・片頭痛・首こり・首痛・肩こり・腰痛・慢性腰痛・坐骨神経痛・オスグット病(オスグッド)・関節痛・内股・鼠径部・めまい・ふら付き・頚椎ヘルニア・痺れ・椎間板ヘルニア