椎間板ヘルニア・腰痛

福岡市 城南区 茶山

30歳 女性

学生の時に腰の椎間板ヘルニアで手術した経験がある
そうです。

その後も腰をかばってしまい身体のバランスが崩れたこ
とで、今は腰だけでなく首や膝の調子も良くないそうです。
また、足の痺れもあるそうです。

検査してみると、骨盤の筋肉は固く収縮しており、関節の
動きを制限しています。

スムーズに関節が動かないと別の所に負担がかかります。

腰が痛いのが原因で、腰痛→肩こり→首痛→頭痛という具合
に少しずつ悪化していくケースは多いです。

椎間板ヘルニアも同じで、身体の歪み(ゆがみ)などにより
椎間板に許容範囲を超えた力がかかり続けることが原因です。

関節の動きを制限している筋肉が正常になり、身体の歪みが
なくなると腰痛・椎間板ヘルニアもすごく楽になります。

 

 

 

 

福岡県・福岡市中央区・城南区・福岡市早良区・福岡市南区・福岡市西区・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・谷・市崎・警固・今川・友泉亭・神松寺・金山・松山・赤坂・荒江・片江・城西・曙・百道・百道浜・茶山・飯倉・野芥・赤坂・梅林の頭痛・首こり・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・慢性腰痛・急性腰痛・坐骨神経痛・オスグット病はご相談下さい。