ぎっくり腰・急性腰痛

福岡県 福岡市 早良区 西新

44歳 女性


ぎっくり腰で来院。

ぎっくり腰特有のお尻を後ろに出して背中を

丸めた歩き方で入って来られる。

一歩一歩、痛くないように痛くないように

歩く感じ。

3ヶ月に1回ペースでぎっくり腰になる

そうです・・・。

一般的にぎっくり腰は腰の捻挫と言われて

います。

なので、ぎっくり腰になって1日くらいは冷や

すことが大事です。

その後は温めたほうが早く治るし、慢性化を防げます。

ぎっくり腰の治療はコツがあって、

腰をいくら揉んでも効果は出にくいです。

当院では、

ソフトな歪み調整と自律神経の調整

行うことで、いろいろな症状の改善例が

多数あります!



この患者さんは、治療後は立ち座りは

少し痛くて恐そうでしたが、背筋を伸ば

して歩けるようになりました(^^)

急性腰痛のぎっくり腰は、施術日の

詰めて間隔をなるべく3回受けること

をおすすめしています。





福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市早良区・南区・西区・東区・博多区・平尾・荒江・片江・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・市崎・警固・港・今川・西新・藤崎・室見・友泉亭・神松寺・金山・松山・赤坂・原・谷の頭痛・偏頭痛・片頭痛・首こり・肩こり・腰痛・慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・オスグット病・ギックリ腰・坐骨神経痛