腰痛・梨状筋症候群

福岡市 中央区 赤坂

64歳  男性

腰痛で来院されました。
詳しくお話をお聞きすると、
お尻と足の背面が痛いそうです。

整形外科、整骨院、カイロ、針灸など多くの治療を受けた
そうです。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨盤のゆがみ
などと診断されるが痛みはとれなかったそうです。

お話をお聞きし、検査してみると梨状筋症候群と思われま
した。

梨状筋症候群とは、お尻にある梨状筋という筋肉が坐骨神経
を圧迫することが原因でお尻、太ももの裏面、ふくらはぎに痛
みや痺れがでる症状のことです。

施術後は痛みがかなり減ったので、週1回のペースで来院され
ることになりました。

梨状筋症候群の痛み・痺れは、大変ツライものですが、
週1回の施術とお伝えする自己療法で減少・改善していきます。

 

 

 

 

六本松・草香江・赤坂・大手門・舞鶴・警固・田島・友丘・輝国・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・平和・長丘・市崎・高宮・原・中央区・城南区・早良区・博多区・西区・東区・南区の坐骨神経痛・腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・オスグット・オスグッド・頭痛・腰痛・肩こり・慢性オスグッド・首こりは福岡市中央区六本松の整体/福岡中央区整体にご相談ください。