膝が痛い・半月板損傷と診断されて

33歳 男性

福岡市 中央区 浄水通

整形外科でレントゲンを撮り半月板損傷と診断される。
でも、正確にはMRIでないと判らないと言われ、
当院に来られる。右膝の内側が痛いとのこと。

膝の裏側がキューッと収縮していたので、弛めました。
膝と太ももの筋肉は密接に関係があるので、ここも念入りに弛めていきました。

筋肉の次は、靭帯にアプローチしました。
膝周りの靭帯の剥離、ズレを調整していきました。
それでも痛みが減らないので、骨のズレを疑って手法をかけていきました。

その結果、けい骨、ひ骨のズレにより、膝の内側が痛い事が判りました。
ズレを調整すると、100の痛みが10以下になりました。
膝を動かしてもらっても、痛みが増える事はありませんでした。
半月板は損傷していないと思われます。

長い間、ズレたままだった人は、再度ズレやすいので、家でやる自己療法をお伝えし終了としました。

膝の痛みは解消することができます。
膝の痛みでお困りの方はご相談ください!





福岡県・福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市早良区・福岡市南区・福岡市東区・福岡市博多区・福岡市西区・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・谷・市崎・警固・今川・友泉亭・神松寺・金山の整体・頭痛・偏頭痛・首こり・肩こり・腰痛・慢性腰痛・座骨神経痛・ぎっくり腰・膝痛・変形性膝関節症・椎間板ヘルニア・疲労・不眠症・オスグット病