【坐骨神経痛・腰痛】・・・・・福岡市中央区六本松の整体院この図の赤の部分に痛み・痺れが出るのが坐骨神経痛です。

ある病院では椎間板ヘルニアと言われ

別の病院では脊柱菅狭窄症と言われ

さらに別の病院では腰椎すべり症といわれた。

こういった原因がはっきりしないお尻から太もも裏、ふくらは
の痛み・痺れは筋肉が神経を挟み込み圧迫しているた
坐骨神経痛になるケースが多いです!

もう少し詳しくご説明すると、レントゲン・MRIで検査して確かに
椎間板が飛び出していたり、腰椎がすべっていたりしても、そのこと
自体が痛み・痺れの原因ではない場合が多いのです!

最近、このことが多くの書籍やホームページでも語られています。

坐骨神経痛の実際の症例もご覧ご覧下さい。






福岡県・福岡市・中央区・城南区・早良区・南区・西区・東区・博多区・六本松・野芥・草香江・田島・友丘・輝国・長尾・笹丘・小笹・長尾・別府・茶山・七隈・荒江・大濠・桜坂・薬院・平和・長尾・市崎・警固・鳥飼・樋井川・片江・七隈・茶山・原・星の原団地・大濠の偏頭痛・頭痛・首こり・首痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・オスグット病・慢性腰痛は六本松の整体へ