坐骨神経痛 腰痛 ヘルニア

福岡県 福岡市 中央区 黒門

53歳 女性

常に鈍痛が腰にある。股関節の張りもある。また、お尻の坐骨から太ももの裏とふくらはぎの裏までピリピリすることがある。寝起きに体が固まったようになり動きにくい。洗顔の時に前かがみになると腰が痛い。着替えで下着やズボンをはく時に脚が上がらず、床に座ってはく。といった症状がある。

時間をかけて検査していくと、背骨下部の曲がり、背骨のつぶれ、仙骨のめくれ、坐骨のズレ、骨盤のズレがありました。原因が分かれば痛みを取ることはできます。あとは、その原因ひとつひとつに対する手法をやっていきました。
手法の途中、「体が固まって動きにくい」と言われるので、背骨を伸ばす技をかけたところ、かなり動けるようになりました。施術後は、前かがみの動作も痛み無しです。
股関節の張りも大丈夫です。ただ、坐骨の痛みが残り、脚を上げる動作がうまくいきませんでした。もう一度、坐骨の手法をやってからサラシを〇〇にまきました。すると坐骨の痛みも止まり、脚も上げれるようになりました。ズレた坐骨・骨盤が神経を圧迫していたようです。

サラシの巻き方と仙骨がめくれにくくなる自己療法をお教えしました。かなり悪い状態なのでしばらくは通院が必要ということを説明し終わりました。

腰痛は改善することができます。
腰痛でお困りの方はご相談ください!

 

 

 

 

福岡市中央区・福岡市城南区・福岡市早良区・福岡市博多区・福岡市南区・福岡市東区・福岡市西区・偏頭痛・頭痛・首こり・首痛・肩こり・腰痛・慢性腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・頸椎ヘルニア・寝違え・オスグット・膝痛・オスグッド・慢性オスグッドは福岡市中央区六本松の整体/福岡中央区整体にご相談ください。