福岡県 福岡市 城南区 茶山

腰痛

45歳  女性

「腰の下の方に常に鈍痛があるの。」とおっしゃいました。そこで、背骨、骨盤を丹念に検査しました。すると、背骨の一番下の根元の部分が、ほんの少しだけ、くの字に曲がっていました。

小さな微妙な歪み(ゆがみ)です。そこを修正するとピタリと痛みは止まりました。小さな歪みが、神経を圧迫して痛みを発症させていたようです。

人間の体は、痛みに対して繊細だなぁーと、いつも感じます。

腰痛の人は、あお向けに寝て、両膝を曲げた姿勢から腰を浮かすと痛い場合や、腰が浮かない場合が多々あります。でも、原因を改善すると、腰を浮かせても痛くなくなります。腰が浮かない人は、浮かせれるようになります。

ご本人は、不思議な顔をされます。「なんで?」という表情です。坐骨のズレが原因で、神経を圧迫して腰が痛いなら、坐骨を正しい位置にすればその場で腰の痛みはきえます。椎間板の微妙なつぶれが原因なら、椎間板を拡げる手法で痛みは消えます。

やみくもに、シップをしたり、電気治療をしても痛みは消えません。やはり、原因にアプローチすることが、何より大切です。腰痛の原因は人それぞれ違います。坐骨なのか、尾骨なのか、椎間板なのか、筋肉なのか、いろいろな原因があります。

正確に検査して、正確に修正する。

そうすれば改善していきます。

腰の痛み・しびれは改善することができます。

腰痛でお困りの方はご相談ください!

 

 

 

 

中央区・福岡市城南区・福岡市早良区・福岡市博多区・福岡市南区・福岡市東区・福岡市西区・友泉亭・神松寺・友丘・金山団地・松山・七隈・飯倉・干隈・片江・樋井川・加茂・田隈・原・次郎丸の偏頭痛・頭痛・首こり・首痛・肩こり・腰痛・慢性腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・頸椎ヘルニア・寝違え・オスグット・膝痛は六本松の整体