福岡市中央区と福岡市城南区の腰痛と坐骨神経痛の痺れ専門整体です。
福岡市西区姪浜駅南 30代 男性

 

Kさんは左太ももの外側の痛み・シビレで来院されました。

 

太もも裏に痛み・シビレがある場合に多いのは、お尻の筋肉が異常収縮して神経や血管を圧迫する坐骨神経痛です。

 

しかしKさんのお尻は異常収縮しておらず、坐骨神経痛ではなさそうでした。

 

検査していくと、股関節のズレと太もも自体の硬化がありました。

 

また、太ももの横側を通る神経(外側大腿皮神経)にも異常がありました。

 

Kさんはデスクワークですが、イスの背もたれに背中をつけて、お尻は浅めにイスに腰かけ、両足を伸ばし投げだすようにして、左右の足首を組んで座っているそうです。

 

この座り方を一日中していると太ももの外側に負担がかかるので痛み・シビレの原因になった思われます。

 

現在、2週間に1回のペースで来院されていますが、日常生活では気にならない状態となっています(^^)

 

痛み・シビレは福岡中央整体ご相談ください。

 

 

 

 

 

福岡市中央区、福岡市城南区、鳥飼、別府、六本松、草香江、大濠、警固、桜坂、谷、輝国、梅光園、薬院、赤坂の頭痛、首こり、首痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頚椎ヘルニア、痺れの整体。