膝の痛み

福岡市中央区草香江 80代 女性

 

Tさんは89歳ですが健康意識が高く、週に1~2回はプールに行き泳いだり水中歩行したりするそうです。

 

この先も自分の足で歩けることを維持していたいそうです。

 

しかし、左右の膝の痛みが続いており当整体院に来られました。

 

お話をうかがうと、膝の状態は歩くのもつらいが、四つんばいで膝が床に着くのが最も痛いとのことでした。

 

今までは、病院でレントゲンをとるが骨には異常がなく、電気治療をしたり注射を打ってもらったりするが膝痛が改善せずシップを貼る毎日・・・

 

Tさんの膝を検査してみると

膝の関節のズレ

太ももの硬化

骨盤のゆがみ

経絡(肝経)の滞り

などがありました。

 

太ももと膝 太ももは膝のすぐ上にあるので、太ももの硬さと膝の痛みは密接な関係があります。

 

太ももが硬くなると、膝の関節をひっぱり上げて関節のあそびがなくなり動きが悪くなります。

 

骨盤と膝 骨盤がゆがむと体の重心の軸がズレます。その負担の多くは膝が受けることになってしまいます。

 

経絡(肝経)と膝 経絡とは気の流れのことです。肝経は経絡の1つで、足の親指→膝の内側→内股→肝臓という気の流れです。

 

この流れが上手くいかず滞ることで膝の痛みの原因となります。

 

膝の痛みは、膝だけの施術をしても効果が出にくく、骨盤や経絡など全体的な視点で施術したほうが痛みが改善しやすいのです。

 

身体は想像以上に連動していて、痛い部分とは全く関係なさそうにみえる部分が原因だったりします。

 

身体のどこかで起こった不調は、そこから離れた部分へ2次的3次的に不調の連鎖が起こることが多いです。

 

膝の痛みの原因が首や頭蓋骨ということも多々あるのです。

 

Tさんの整体施術の経過は、段階的に楽になっていき、まず歩いた時の痛みがなくなりました。

 

今では四つんばいで膝が床に着いた時の痛みも改善しております(^^)

 

膝痛でお困りの方は、福岡中央整体にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

福岡市中央区、福岡市城南区、早良区、原、鳥飼、別府、六本松、草香江、大濠、警固、桜坂、谷、輝国、梅光園、薬院、平和、赤坂、原の片頭痛、首こり、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、めまい、耳鳴り、首痛。