膝が痛くて正座ができない

福岡市中央区草香江 40代女性

 

福岡市中央区、城南区の膝の痛みが女性口コミの六本松整体。

 

Aさんはホームページで当整体院を知り来院されました。

 

お話うかがうと、右膝の痛みで正座したり、しゃがんだりする動作ができないとのことでした。

 

歩いたり日常生活では右膝の痛みはないないそうです。

 

正座するとき右膝のどの辺りが痛みますか?とお聞きすると

 

ご本人も膝のどの辺が痛いのかハッキリとは分からないようでした。

 

「膝の奥が痛い気がする・・・」というお返事でした。

 

これはAさんだけではなく、よくあることで痛い部分があるとその周辺にも痛みが拡散してしまいどこが本当に痛いのかが、ぼやけてしまうのです。

 

Aさんの右膝のの痛みの原因を検査してみると

お皿の動きが悪い(お皿は上下左右にスムーズに動くのが正常です)

右膝の内側の骨や筋肉が異常に固くなっている

膝の関節のズレ

足首のズレ(足首と膝は連動して動くため足首がズレると膝に悪影響がでます)

骨盤のゆがみ(骨盤も膝と連動した動きがあるので骨盤のゆがみは膝に悪影響がでます)

膀胱経の滞り(膝の裏面を通る経絡、気の流れ)

などがありました。

 

またAさんは椅子に座ってもらうと、両方の膝が右方向を向いていました。

 

それは相対的に骨盤が左にズレていることを意味します。

 

試しにAさんに四つんばいの体勢から痛くない範囲で正座になる途中までやってもらうと、お尻(骨盤)が左にズレていきます。

 

正座する途中でお尻(骨盤)が左にズレていくと膝がねじれてしまい負担を受けてしまいます。

 

この体のクセも右膝の痛みの原因の1つと思われます。

 

余談ですが注意して頂きたいのは、膝が痛いときに筋力不足で膝が痛くなっていると思ってしまい、スクワットやランニングをして鍛えようとしてしまう方がいらっしゃいますが、膝の痛みが悪化するのでおすすめはしません。

 

Aさんは正座ができなくなったのが最近であり早期に来院されたので5~6回の整体で正座しても膝の痛みは出なくなりました(^^)

 

現在は2週間に1回のペースで来院してもらい膝の様子を見ている状態です。

 

膝の痛みは福岡中央整体にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

福岡市中央区、福岡市城南区、早良区、原、鳥飼、別府、六本松、草香江、大濠、警固、桜坂、谷、輝国、梅光園、薬院、平和、赤坂の片頭痛、首こり、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、めまい、耳鳴り、首痛、膝の痛み。