全身の疲労・緊張の慢性化-②

福岡市 中央区 六本松

36歳 女性

施術2回目のSさん。1週間ぶりの来院ですが、この1週間は体の調子が良かったそうです。前回とは、顔の表情も違い明るい感じです。(^^)

前回は、慢性疲労で「全身がだるくて、あっちこっち痛い気がする。」「夜の眠りが浅く、目が覚める。」と、話されていました。 今日は、「肩甲骨のコリくらい。」と声の調子も元気がいいです。

しかし施術は、頭のてっぺん~足先まで行いました。交感神経は、血管を収縮させ、副交感神経は、血管を拡張させます。緊張が続くと、交感神経が働きすぎて、血管が収縮傾向になります。1個人の血管、毛細血管をつなぎ合わすと地球2週半の長さになります。これが収縮すると、体に物凄い影響がでます。
疲れが抜けにくい人と、疲れても回復の早い人の違いは、血管の収縮と拡張のバランスが良いか、悪いかです。

当院は、その場限りの施術でなく、自然治癒力を活性化する方向で施術しています。





福岡県・福岡市中央区・西区・福岡市城南区・南区・東区・福岡市早良区・原・六本松・整体・舞鶴・原・薬院・平和・平尾・鳥飼・大濠・別府・茶山・草香江・桜坂・谷・小笹・田島・輝国・赤坂・警固・浄水通・平尾浄水町・唐人町・黒門・次郎丸のオスグッド病・頭痛・首こり・首痛・ぎっくり腰・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・オスグット病・骨盤矯正・偏頭痛・首痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症