オスグッド病

10代 男子

遠賀郡遠賀町

 

T君は学校の先生の紹介で当整体院に来られました。

 

以前にも当整体でオスグッド病が改善した生徒さんがいて今回も紹介いただきました。

 

T君の膝のお皿の下の部分はボコッと隆起していました。

 

これは典型的なオスグットの症状で、太ももの筋肉が異常収縮してしまい膝下の骨を引っ張り続けることが原因で骨が変形してしまうのです。

 

太ももの筋肉と膝下の骨が綱引き状態となり、骨のほうがダメージを負っている状態です。

 

そのまま骨が剥(は)がれてしまうと剥離骨折ですが、オスグットは骨が剥がれかけの状態です。

 

T君の異常収縮した太ももを軽くそっと押すと、もの凄くくすぐったがります。身をよじるほどです。

 

これもオスグットの子によく見られる特徴で、太ももが異常収縮していて筋肉に弛みがなくピーンと張りつめているので軽く押すだけでも痛みを感じたり、T君のようにくすぐったく感じたりします!

 

T君は半年間くらい膝下に痛みがあり、運動後に痛みが強いそうです。

 

ほとんどのオスグット病は、きちんと施術していけば改善して痛みがなくなりますが、膝下の骨が変形しているので痛みの改善にはある程度の期間が必要となります。

 

T君は何度か施術していて現在は8割くらい改善しており、もうあと少しという状態です。