腕が痺れて病院でレントゲンを撮り、頸椎ヘルニアと診断を受ける。

または首の椎間板が狭くなって骨棘という突起ができているのが、

手の痺れの原因です。と診断されるケースは多いと思います。

しかし病院で鎮痛剤の服用や電気治療や牽引治療やシップなど

の治療を続けてもシビレが改善していかない場合が多々あります。


腕や手の痺れで当院に来られる方の多くも、病院で上記のように

検査・診断・治療を受けた方が多いです。

そのような方の身体を見させて頂くと、ほとんどは首、肩、肩甲骨の

異常収縮で筋肉の深部にシコリができています。

このシコリはトリガーポイントと言います。

病院の治療で効果がでないシビレは、このトリガーポイントが

原因の場合が多々あります!

【首痛・首こり・肩こり・頚椎ヘルニア-福岡-整体】・・・福岡市中央区六本松の整体

上の図の×印の部分が首にできたトリガーポイントです。

図の赤い部分が痛み・シビレがでる部分です。

実際には1個2個のトリガーポイントでなく無数のトリガーポイントが

首、肩、肩甲骨にできて腕や手がしびれます。






イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用

福岡市中央区・早良区・城南区・西区・六本松・桜坂・別府・鳥飼・茶山・七隈・薬院・白金・輝国・笹丘・田島・大濠・谷・草香江・警固・今川・友泉亭・唐人町・金山・平和・赤坂・大手門・大名・平尾・荒江・長浜・次郎丸・堤・飯倉・舞鶴・藤崎・昭代・城西・曙・百道・百道浜・有田・飯倉・御所ヶ谷・茶山・小笹・赤坂・港の整体・椎間板ヘルニア・頭痛・首痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・偏頭痛