頚椎ヘルニアは、なぜ病院で改善しない場合があるの?


病院だとレントゲン、MRIなど画像検査が中心となります。

病院は筋肉の検査をしませんが、

それが盲点になっているケースが多いのです!

筋肉が異常収縮すると、血管や神経を挟み込み圧迫し続けます。

その結果、腕の痺れや肩まわりの激痛が起こるのです!


また、異常収縮が続くと筋肉の深部にトリガーポイントという

シコリができます。

このシコリが強烈な痛み・痺れを出します!

病院だと上記のような筋肉が原因の痺れ、痛みだと

原因不明と判断される場合が多いのです。

または胸郭出口症候群と診断される場合もあります。





友丘・長尾・田島・輝国・別府・笹丘・小笹・友泉亭・神松寺・金山・長丘・桜坂・警固・薬院・平尾・赤坂・舞鶴・草香江・鳥飼・城西・曙・荒江・昭代・飯倉・七隈・茶山・原・大濠・今川・地行・黒門・唐人町・荒戸・大手門・百道・中央区・城南区・早良区・西区・福岡市の整体・頭痛、首痛、首こり、腰痛、肩こり、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、オスグッド病・痺れ・頚椎ヘルニア・六本松整体